私の旅行と投資

topukapu

翌年の光明を宇宙から 国税庁が入って1ヶ月も経っていなかった頃だったのですが、カナダへの旅行の計画を立てていました。

前から予定していたことですし、気晴らしにもなると考えて出かけることにしました。

目的はイエローナイフでオーロラを見たいということでした。

オーロラは必ずしも行った全員が見られるものではないと聞いていましたので見るのに良い季節を選びましたが、期待と不安がありました。
それが素晴らしいものに遭遇でき感激でした。 それはオーロラより見ることが難しいと言われているダイヤモンドダストが吹き上がって見える光のピラーでした。

何しろ、出かける時まで、国税庁が国外逃亡を心配して、「空港に着いたらすぐに電話してくださいよー」などと言われてましたから、それを見れたときの感激といったら、目の前がぱーっと開けて翌年の光明が射したような気持ちになったものです。 トルコリラとの出会い 次に行ってみたいと思ったのが高金利通貨の国、トルコでした。

本にも書きましたがトルコは魅惑的な国でした。

もちろん、かつての強大な勢力を誇った歴史をもってはいますが、現在のトルコに関してはほとんど知識がなく、だからこそ率直な目でトルコという国に関心を持った自分を信じることができたのかもしれません。

躍動する国のなんともいえない底力、資源の豊富さ、そしてトプカピ宮殿にあったものすごい宝石。
「これ、値段にするとどの位になるんですか?」 と伺うと、 「北半球、地球の半分が買える位」 という答えでした。

しかしそれ以上に私の興味を引いたのは、未来の象徴とも言える子供たちの生き生きとした目!でした。
「この国は絨毯だけの国じゃあないわ!この国の将来は大丈夫!」 と思いました。もちろん、帰国後すぐにトルコリラ/円の買い注文を出しました。

Macのバリューセット

5月の連休にはユーロ圏に行ってみようと思い立ち、南仏に出かけました。
色々見聞きしましたが、決定打は旅の終盤にありました。
立ち寄った世界共通のMacでいわゆるバリューセット(日本では多分500円位)が、日本円にして約2000円近くもしたのにはびっくりしました。

思わず、 「こりゃーウリだわ」 とつぶやいた私でした(笑)

想像を超えた大きなスケールの大自然の国 ブラジル連邦共和国

140307_レイアウト指定紙-初

南米の大部分を占める広大な面積をもつブラジル連邦共和国は世界第5位!
(1位ロシア、2位カナダ、3位中国、4位アメリカ) 日本の約23倍の国土面積があります。

Yukikoが初めてブラジルへ訪れたのは19年前になります。

また、昨年(2011年)のマチュピチュ観光の際にも行ってきました。
・2014年ワールドカップ ・2016年オリンピック の開催地にも選ばれました。

ブラジルは日本の裏側に位置していますので、飛行時間は28時間もかかります。
それでも訪れてみたい!という気持ちでいっぱいでした。

私が訪れた季節は2回とも春ですが、ブラジルは秋の季節です。
国名のブラジルは、かつてこの国の特産物の赤色染料(バウ・ブラジル)が由来です。
(ポルトガルで、炎のような赤い木を意味しているそうです。)

お土産にこの木で作ったペーパーナイフが、今でも懐かしく私の手元にあります。

初めてブラジルに降り立ったときは、ラテライトと呼ばれる赤色の土壌で、日本の土色とのあまりの違いに驚きでした!

ポルトガルの植民地から独立したブラジルは、石油、(深海油田)、ウラン鉱の天然資源にも恵まれた国。
1908年に第1回の日本人が農業移民としてブラジルに入植。 現在日本人移民の子孫は5世6世の世代になって、海外で最大日系人社会約150万人いらっしゃるそうです。

私は、花の仕事もしているので、広大な土地でバラの花つくりをして成功されていた移民の日本人の方からも楽しいお話を聞いてきました!

IMFによるブラジルGDPは、2011年世界第6位 コーヒーの輸出量は世界第1位 トウモロコシ、大豆、サトウキビの栽培では、大豆生産 米に次ぎ世界第2位 日本が大豆を輸入する相手国として米に次ぎ第2位 サトウキビは、ガソリンの代替え燃料として、世界市場において、バイオエタノール世界の7割以上に達しているようです。

ロシア,中国、インド、とならんで、BRICsとよばれていますが、2007年には、国際通貨基金による債務完済し、債権国に転じ、経済状態が、復活している状況です。

観光では、ブラジル全体の国内線を使ってかの有名なアマゾン川はじめ、世界遺産めぐりをしましたが、 特に感動したのは、2回とも世界一といわれるアルゼンチン、パラグアイとの国境付近の”イグアス”の滝。 虹が幾重にもかかり、ごう音とともに流れ落ちるダイナミックな水しぶきに大自然への感動は、いつまでも忘れることはできません!

そしてこの近くにだけ飛んでいる、ちょうちょの羽の模様が、なんと私の大好きな数字の(8)なんです!!

これを見ることができたら、幸せに、幸せになれるとか・・・ 勿論たくさんの蝶ちょの舞を見てきましたよ!!(笑)

ブラジルは南アフリカ、トルコと並んで私の大好きな国の一つです。 是非も皆様も訪れてみてくださいね!!

南アフリカ

南アフリカ

2009年6月から7月にかけて旅しました。

日本の真裏に位置する大自然の国、南アフリカ。

動植物の宝庫であり、人類発祥の地と言われていますので「何かがある!」と期待に胸をふくらませていました。

南米イグアスの滝、北米ナイアガラの滝とともに、「世界の三大滝」 の1つと言われるビクトリアの滝へとまずは行きました。
この滝はジンバブエとザンビアの国境に接し、現地の言葉で「モシ・オア・トゥンヤ(雷鳴の轟く水煙)」とよばれています。

今回、50年ぶりの大水量ということで、初日はヘリコプターに乗って上から見下ろし、翌日は滝の周りをハイキング。
轟音とともに水しぶきが激しく、レインコートがきれいにぬれて・・・。
また、虹が幾重にも美しく、満月の夜は月明かりの虹がとてもロマンチックな光景です。

その夜はホテルの(私達の部屋は1階)芝生の草を食べるイノシシのお迎えもあり、とてもビックリ!バタバタ、シャッターカシャ!
大自然チョベ野生動物公園では専用4WDに乗り(ビッグファイブとよばれる動物達に出会えるかドキドキ)、ライオン、ゾウ、バッファロー、サイ、インパラ、シカ、キリンとたくさんの動物を見ることができました。
ザンベジ川ではカバの大群、ワニ、たくさんの鳥に出逢いました。

南アフリカでは2年前に商社勤めを退職し、小さい時からの夢がかなってレインジャーになることができ、首都プレトリアに家を買うこともできたという日本人男性のガイドに会うこともできました。

そしていよいよ念願のケープ半島、ケープタウン、喜望峰!
インド洋と大西洋が出合う岬(別名『嵐の岬』とも言われている)、遠く水平線を見渡せば地球が丸く見える絶景。
二羽のつがいが流れ着いて増えたと言われているペンギンの生息地ポルターズビーチ、何千種もの植物の宝庫の国立公園では美しいプロティアと呼ばれている国花も見ることができました。

次に訪れた場所はテーブルマウンテンです。
頂上がテーブルのように平らなテーブルマウンテンでは床が360度回転式のロープウェイで(ゆっくり2回転する)頂上へ。
今でも甘い水の供給をしているそうです。

食事ですが、かわったものではワニ、バッファロー、イモムシのからあげをいただきましたが美味しかったですよ!
シグナルヒルからの夜景はとても素晴らしいものでした。

2010年は大イベントであるワールドカップに向け、高速道路、ドームの建設中。金、白金、ダイヤ、レアメタルなど世界シェア60%~70%の資源国。経済効果期待に向け大前進中。
私もコモディティ、ランドの通貨で・・・

今回も幸運の女神からお天気プレゼント!
旅行は何といってもよい天気!
感謝です!